ドコモ光のプロバイダは書類の送付先が違う!提携プロバイダまとめ

ネットの基礎知識ドコモ光

3月、4月は入学式や卒業式で慌ただしい季節になります。

学校を卒業して就職のため単身引っ越す方、県外の大学などに新入学をするために引っ越しをする方、そして仕事の転勤で引越しをする方もこの季節が一番多いと言われます。

引っ越しに伴い、引っ越し先にインターネットを契約する方や、移転手続きでインターネットを持っていく方が多くなります。管理人が光インターネット販売員として活動していた現役時代も、3月4月は「繁忙期」という魔の季節でした。

この時期にドコモ光を移転手続きする方や、新規で引っ越し先に「ドコモ光」を契約する方が特に注意して頂きたいのが「プロバイダ開通案内書類の送付先」です。

実は、ドコモショップの店員や経験の浅い光インターネット販売員も知らない人が多いのですが、ドコモ光で提携しているプロバイダには開通案内の送付先というのが決まっています。

送付先には「契約者住所」と「設置場所住所」というものがあり、プロバイダによって送付先が違います。

今回は、ドコモ光の提携プロバイダそれぞれの開通案内書類がどちらに送られるのかを解説していきます。

 

[box03 title=”こんな方には参考になるかも”]

  • ドコモ光で「プロバイダ開通案内書類」が届かない方
  • 引っ越しと同時に、ドコモ光のプロバイダを変更しようと考えている方
  • 家族の引っ越し先にインターネットを契約してあげようと考えている方

[/box03]

 

スポンサーリンク

プロバイダ開通案内書類とは

ドコモ光を契約すると、ドコモから送られて来る契約書類と、プロバイダから送られて来る契約書類、この2通が手元に届いて初めてインターネットに繋ぐ事ができます。

特にプロバイダの契約書類(開通案内書類)には、インターネットに接続するためのプロバイダ契約IDやパスワードが記載されています。

このプロバイダ契約IDやパスワードが無ければドコモ光の開通が終わってもインターネットに接続することができません。

 

プロバイダ開通案内書類の送付先が違う?

ドコモ光をドコモショップや家電量販店で契約すると「プロバイダ提供条件書」という注意事項の書類を必ず貰うのですが、そこにもしっかりと書いてあるのが「書類の送付先」です。

送付先には「契約者住所」と「設置場所住所」があります。ドコモ光を契約する際に、ドコモ光の設置場所住所を必ず登録するのですが、契約者住所と設置場所が違うとプロバイダ開通案内が届かない!という現象が起きる事があります。

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】

 

ドコモ光の契約者が親で、ドコモ光を別に住む子供の住所に引くとします。この場合、下のようになります。

【例】

  • 親が住む住所が「契約者住所」
  • 子供が住む住所が「設置場所住所」

 

プロバイダ開通案内書類の送付先一覧

プロバイダの開通案内書類はプロバイダごとに違います。一覧でまとめてみましたので、これからドコモ光を契約する方は特に注意して下さい。

 

[su_note note_color=”#EEEEEE”]プロバイダ開通案内書類送付先一覧[/su_note]

 

[su_note note_color=”#EEEEEE”]例外プロバイダ[/su_note]

開通案内送付なしプロバイダ 提供条件書
ドコモnetはプロバイダ開通案内書類の送付がありません。
インターネット上から「ドコモnetマイページ」へログインしプロバイダ接続ID・パスワードを確認します。
ドコモnet

ドコモnetをご契約のお客様へ

 

具体的に気をつけて欲しい例

ネコ助
プロバイダによって開通案内書類の送付先が違うんですね
ニャン吉
そうだな、ニャン吉は具体的にどんな状況で開通案内書類が届かないか分かるか?
ネコ助
うーん、具体的にはちょっと分からないです・・・
ニャン吉先輩は分かるんですか?
ニャン吉
ば、バカヤロウ!わ、、分かるに決まってるじゃないか!
今から俺の代わりに管理人が説明してくれるから黙って見てろ!
ネコ助
うわぁ・・これ絶対に知らないパターンだ・・・
【管理人】 Keiichi
はい、というわけで知ったかぶりのニャン吉くんの為に、元光インターネット販売員の管理人が「具体的に気をつけて欲しい例」をご紹介します。
ニャン吉
知ったかぶりじゃねー!!!!!!!
ネコ助
はいはい、ニャン吉先輩少し黙りましょうね!

 

[su_note note_color=”#EEEEEE”]気をつけて欲しい具体例[/su_note]

【例1】プロバイダ開通案内書類(契約者住所送付)の場合

ドコモ光を移転する際にプロバイダを変更した。しかし、契約者住所変更はしなかった。

この場合は、移転先にプロバイダ開通案内書類が送付されない為、移転先でインターネットの接続設定ができません。

 

【例2】プロバイダ開通案内書類(契約者住所送付)の場合

引っ越し先でドコモ光を新規契約した。しかし、現在の住所が実家だった為契約者住所変更はしなかった。

この場合も【例1】と同じく引っ越し先ではなく現在の住所(契約者住所)へ開通案内書類が送付されます。

 

【例3】プロバイダ開通案内書類(契約者住所送付)の場合

家族が単身で転勤や、他県の大学に入学などの理由で引っ越した。しかし、契約者が親や家族が契約した。

この場合は、契約者が親や家族なので、契約者住所も親や家族が住む住所になります。なので、開通案内書類も設置場所住所ではなく、契約者住所になります。

 

ニャン吉
おお!なるほど、分かりやすい!!
ネコ助
結局、プロバイダ開通案内が「契約者住所」へ送付される場合は気をつけろ!というですね。

あとがき

今回は、ドコモ光の提携プロバイダごとの開通案内書類(契約書類)送付先についてご紹介しました。

3月、4月は人が動くシーズンです。毎年プロバイダの開通案内書類に関するトラブルが絶えません。意外かもしれませんが、ドコモショップの店員ですらプロバイダ開通案内書類の送付先が違う事を知らない人が多いのが現状です。

ドコモ光を申し込む場合は送付先に十分注意して下さい。

スポンサーリンク

 

一番お得な代理店はここだ!

インターネットの代理店は、元光インターネット販売員の管理人が知るだけでも50社以上あります。

専門知識のある管理人でさえ「ここが一番!」と言える代理店を選ぶのは難しいほど多いので、初心者の方には何を基準に選んで良いのか分からないと思います。

そこで、管理人の視点から「ここを選べばまずは損をしない!」と言える代理店をご紹介します。どこを選んで良いか迷った方は、ぜひこの中から選んでみましょう!

ドコモ光のNo.1代理店【GMOとくとくBB】

GMOとくとくBB
【GMOインターネット株式会社】

ドコモ光は多くのプロバイダと提携していますが、最もおすすめしたいプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

「GMOとくとくBB」はドコモ光が提携するプロバイダの中で唯一「通信速度保証」をしているプロバイダです。また、速度を安定させるための取り組みとして、IPv6接続サービスに対応しているのはもちろん、「高機能無線LANルーター」を無償でレンタルできるという特典も付いています!

 

auひかりのNo.1代理店【アウンカンパニー】

アウンカンパニー
【株式会社アウンカンパニー】

auひかりはau独自のネット回線です。

「光コラボ」が始まる以前から多くのユーザーに支持され、auユーザーであればスマホや携帯とセットでお得になる「auスマートバリュー」を適用することができます。
そんなauひかりの代理店も管理人が知るだけでも5社以上あるのですが、最もおすすめしたいのが「株式会社アウンカンパニー」です。

アウンカンパニーの特徴は、高額キャッシュバックを貰え、なおかつ振込みまでのスピードが他の代理店に比べとてつもなく早い事です!
キャッシュバックは申し込み後、開通の翌月には振り込まれます。キャッシュバックが開通の翌月に振り込まれるのは他の代理店と比べても異例の速さです。

 

ソフトバンク光のNO.1代理店【NEXT】

NEXT
【株式会社NEXT】

ソフトバンク光の代理店は「ドコモ光」や「auひかり」の代理店と比べ、2倍近く数が多く、代理店それぞれにキャッシュバック内容も違います。
そんな数ある代理店の中でも、管理人が最もおすすめしたいのが「株式会社NEXT」です。

NEXTは、高額キャッシュバックを貰えるだけではなく、高速無線LANルーターも無料でレンタルすることができます。
また、キャッシュバックも開通した翌月には振り込まれるという異例の早さが特徴です。

ソフトバンクユーザーであれば、スマホとセットでお得になる「お家割光セット」という割引対象なので、ソフトバンク光を申し込むならNEXTを選んで損はないでしょう。