ドコモ光を三親等以内の家族へ異名義転用をするなら知っておきたい事

ネットの基礎知識ドコモ光

【管理人】 Keiichi
フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、三親等以内の家族に異名義転用することができます。
ネコ助
「異名義転用」って何ですか?
ニャン吉
ネコ助、「異なる名義の人で転用する!」って意味だよ。
【管理人】 Keiichi
ニャン吉くんその通り!例えば、転用する時に「父」から「息子」へ名義を変更するのが異名義転用と言うのです。

今回ご紹介するのは、フレッツ光からドコモ光へ転用する際の「三親等以内の家族へ異名義転用」です。

「三親等以内」「異名義転用」なんて普段聞かない言葉ですよね。管理人もドコモ光の販売員として働き始めるまで聞いたことも使ったこともない言葉でした。

今回は転用がメインの話ですが、現在フレッツ光をご利用中の方で、ドコモ光へ転用を考えている方は、知っておいて損はない話だと思いますので参考にされて下さい。

 

[box03 title=”こんな方には参考になるかも”]

  • フレッツ光からドコモ光へ転用を考えているが、フレッツ光の名義が家族名義の方
  • 既にドコモ光を契約しているが、名義を変更したい方

[/box03]

 

スポンサーリンク

ドコモ光の転用は原則同一名義のみ

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、基本的にはフレッツ光の名義をそのまま引き継ぎます。と言うのも、基本的にフレッツ光からドコモ光へ転用の手続きができるのは同一名義人のみだからです。

【例】

父親名義のフレッツ光を→息子が勝手に転用する事はできない。

 

しかし、もちろん例外もあり、ちゃんとした手続き方法であれば三親等以内の家族間で異名義転用ができます。

また、ドコモ光へ転用するとスマホや携帯とセットでお得になる「光セット割」が適用されますが、この割引対象のスマホや携帯もフレッツ光の名義人と同一名義ででなければなりません。

 

ドコモ光を《異名義転用》とは

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合は「同一名義人のみ」と説明しましたが、例外があります。

ドコモ光の注意事項にもしっかりと記載されているのですが、「ドコモが定める家族間」であれば名義変更ができるそうです。

転用時の名義は当社が定める「家族」間での変更を除き、転用前にご利用されていたNTT東西のフレッツ光での契約名義と同一名義となります。

引用:ドコモ光ご利用時の注意事項

この、ドコモが定める「家族間」で名義変更をする事を「異名義変更」と言います。

 

三親等以内の家族とは

ドコモが定める「家族」間とは、「三親等以内の家族」の事です。具体的には次の図をご覧頂いた方が分かりやすいと思います。

出典:ドコモ公式ページ

 

上の図の三親等以内の方までが「三親等」に分類する家族となります。

ネコ助
「三親等」と言っても結構遠い親戚もOKみたいですね。
ニャン吉
「ひ孫の配偶者」まで三親等みたいだけど、ほぼ他人だよな・・・

「三親等の家族」である証明をするためには、同一住所、同一名字である免許証や保険証で確認をする必要があります。

もしも住所が違う場合や、名字が違う場合は戸籍謄本(戸籍妙本)などで確認できる書類があれば大丈夫です。

譲り渡す方と譲り受ける方の姓と住所がいずれも異なる場合には、戸籍謄(抄)本などでご家族であることを確認させていただきます。

引用:ドコモ公式ページ

プロバイダの名義はどうなる?

ドコモ光のプロバイダは20社以上あり、フレッツ光で契約していたプロバイダがドコモ光に対応している場合は、プロバイダの契約や利用料金などはドコモ光の契約内容に込みとなります。

そのため、フレッツ光で契約していたプロバイダも、ドコモ光に対応しているプロバイダであれば、異名義転用をした時点で名義が変わります。

ドコモ光に対応しているプロバイダはこちらをご覧下さい。

出典:ドコモ公式ページ

 

ドコモ光へ転用後の名義変更をする場合

フレッツ光からドコモ光へ同一名義で転用後、名義を変更する場合についてもご紹介します。

【例】

父名義のフレッツ光→父名義のドコモ光へ転用完了

その後、父名義のドコモ光→息子名義のドコモ光へ

 

ドコモ光の名義は《ペア回線》の名義で変わる

ドコモ光で「光セット割」を適用すると、ドコモ光の料金は、スマホや携帯の利用料金と一括請求されるようになります。(一緒に請求するスマホや携帯の回線をペア回線と言います。)

そのため、ドコモ光の名義人とスマホや携帯の回線名義人は同一名義でなければなりません。分かりやすく言うと、ドコモ光の名義人が「父親」だとします。一括請求にまとめる《ペア回線》は「息子」名義ではダメと言う事です。

ドコモ光の名義人が父親なら、一括請求するスマホや携帯の名義人も父親である必要があると言う事です。

どうしても息子名義のスマホや携帯と一括請求をしたいのであれば、息子名義のスマホや携帯の名義を父親名義に変更する必要があります。または、息子のスマホや携帯をペア回線として一括請求にするタイミングと同時にドコモ光の名義変更をすれば大丈夫です。

ただし、ドコモ光の名義変更には事務手数料が2,000円請求されますので注意して下さい。

スマホや携帯、ドコモ光の名義変更についてはドコモ公式ページにて詳しく解説してあります。

参考:ドコモ公式【名義変更】お客様サポート

あとがき

今回は、ドコモ光の異名義転用についてご紹介しました。

ドコモだけではなく、携帯会社はどこでもそうなのですが、名義が違うといろいろと手続きがややこしいのが現状です。

これからドコモ光へ転用を考えている方も、既に転用をした方も名義変更の際には、ぜひこの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

 

一番お得な代理店はここだ!

インターネットの代理店は、元光インターネット販売員の管理人が知るだけでも50社以上あります。

専門知識のある管理人でさえ「ここが一番!」と言える代理店を選ぶのは難しいほど多いので、初心者の方には何を基準に選んで良いのか分からないと思います。

そこで、管理人の視点から「ここを選べばまずは損をしない!」と言える代理店をご紹介します。どこを選んで良いか迷った方は、ぜひこの中から選んでみましょう!

ドコモ光のNo.1代理店【GMOとくとくBB】

GMOとくとくBB
【GMOインターネット株式会社】

ドコモ光は多くのプロバイダと提携していますが、最もおすすめしたいプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

「GMOとくとくBB」はドコモ光が提携するプロバイダの中で唯一「通信速度保証」をしているプロバイダです。また、速度を安定させるための取り組みとして、IPv6接続サービスに対応しているのはもちろん、「高機能無線LANルーター」を無償でレンタルできるという特典も付いています!

 

auひかりのNo.1代理店【アウンカンパニー】

アウンカンパニー
【株式会社アウンカンパニー】

auひかりはau独自のネット回線です。

「光コラボ」が始まる以前から多くのユーザーに支持され、auユーザーであればスマホや携帯とセットでお得になる「auスマートバリュー」を適用することができます。
そんなauひかりの代理店も管理人が知るだけでも5社以上あるのですが、最もおすすめしたいのが「株式会社アウンカンパニー」です。

アウンカンパニーの特徴は、高額キャッシュバックを貰え、なおかつ振込みまでのスピードが他の代理店に比べとてつもなく早い事です!
キャッシュバックは申し込み後、開通の翌月には振り込まれます。キャッシュバックが開通の翌月に振り込まれるのは他の代理店と比べても異例の速さです。

 

ソフトバンク光のNO.1代理店【NEXT】

NEXT
【株式会社NEXT】

ソフトバンク光の代理店は「ドコモ光」や「auひかり」の代理店と比べ、2倍近く数が多く、代理店それぞれにキャッシュバック内容も違います。
そんな数ある代理店の中でも、管理人が最もおすすめしたいのが「株式会社NEXT」です。

NEXTは、高額キャッシュバックを貰えるだけではなく、高速無線LANルーターも無料でレンタルすることができます。
また、キャッシュバックも開通した翌月には振り込まれるという異例の早さが特徴です。

ソフトバンクユーザーであれば、スマホとセットでお得になる「お家割光セット」という割引対象なので、ソフトバンク光を申し込むならNEXTを選んで損はないでしょう。